【リスクと楽しみ】弟がデカいバイクを買いました【人生を謳歌】

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

今日は弟が大きな買い物をしたので思ったことを話したいと思います。

スポンサーリンク

弟の念願の夢

この度、弟は念願の夢だったデカいバイクを買いました!
僕がデカいバイクと抽象的な表現をするのには理由があって、僕自身が車やバイク本当に興味が無くて車種や排気量なんかを全く気にしてこない人生を送ってきたので何を買ったのかよく分かっていない為です(笑)

とりあえず、弟は中型免許というものを学生時代に取得していて、何かデカいバイクに乗れるらしいです。
ですが親は事故のことを心配してなかなかバイクに乗って欲しくないらしく、「バイク買いたい」という弟の要求に渋ってきていました。

変な話なんですが、僕の実家はバイク屋です。
バイク屋を経営する両親が子供にはバイクに乗って欲しくないそうなんです。

でも理由を聞くと納得なんですが、やっぱりバイクを売り続けているとバイクに乗ったが故に事故を起こしてケガをしたり、最悪亡くなったりという場面に直面するので、それを知っている立場と親の立場の両方が息子にバイクに乗って欲しくないシグナルを発するとのことです。
まあ納得ですね(笑)

特に父は自分のお客さんの中でも何度も事故を起こすようなことがあった場合、売る側の立場でありながら「あなたはこれ以上バイクに乗っていてはダメだ!」と説教するくらいです。
僕はこんなに親身になれる父は商売人としては何とも言えないかもしれませんが、圧倒的に尊敬します。

話は脱線しましたが、社会人になって自立した上で改めてバイクに乗りたい旨を親に話し了解を得て(何となく)中古バイク店に父と弟二人で見に行って購入を決めたようです。
弟が父を誘ったのは、中古バイクを買うということで状態が良いのかを一緒に見てもらう為、購入後の修理が必要な箇所の相談が出来る為、など色んな建前はありますが、多分少しでも今どう考えているのかを共有する時間を作りたいみたいな部分もあったんじゃないでしょうか。

僕はそこに居合わせてはいないので知りませんが、バイクに乗ることのリスクとか色んな話をしたんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

命あっての楽しみ

僕自身、本当に乗り物に執着がありません。
一応軽自動車を持っていますが、車通勤で必要になったから買って、今は無くても問題ないけど惰性で持っているだけです。

でも弟にとってバイクは相当楽しい趣味になるんだと思います。
これは僕にとっての歌に匹敵するのかもしれません。

だったら我慢してられないですよね。
僕は歌うの大好きだし、歌ってて超楽しいですもん(笑)

でも歌とバイクで圧倒的に違うのは命の危険のリスクですね。
歌ってて命の危険が及ぶことはほとんどないと思います。(昔自作した防音室に気密性が高過ぎて死にかけたことはあります。)

バイクは事故のリスクがどうしてもついて回ります。
自分が完璧にルールを順守していても、防ぎようのない外的要因はありますからね。

まずは自分のミスを出来る限り減らす努力は必須、あとは自分に非が無くても外から襲い来るリスクも出来る限り事前に察知していくしかありません。
とにかく命第一、大きなケガもしないで欲しいです。

まあ僕はそんな危険があるにも関わらずバイクに乗るのはちょっと。。ってタイプですが、弟はお金が減るかもしれない投資をするのはちょっと。。って思っていると思います。
ハマっている本人にしかその楽しさは分からないものですね。

とりあえず、弟はデカいバイクを買ったという話でしたー。

ではでは!

雑記
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント