【正しい練習順番】ミックスボイス会得への道のり【地声と裏声のバランス】

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

プロ歌手のようにミックスボイスを出したいという方は後を絶ちませんね。
僕もミックスボイスというものが何なのかよく分かっていなかった頃から、うわ言のように「ミックスボイスを出せるようになりたい」と言っていた気がします(笑)

このミックスボイスとはどういったものなのか・その会得に必要な練習方法についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

ミックスボイスとは?

その名の通り混ざった声なのですが、正確には地声と裏声が混ざった声のことをミックスボイスと言います。

ここで勘のいい方は気づいているかもしれませんが、ミックスボイスというのは1種類の声という訳ではありません。
地声と裏声が混ざった声なので、地声が多めで裏声が少なめの声だったり、裏声の方が強かったりします。

なのではっきり言ってしまえばちょっとでも裏声の成分が混じった声であればほとんど地声に聞こえる声でもミックスボイスということになります。
また、ほとんどの方の声は少なからず裏声の成分が混じった声なんです。

完全な純粋な地声というのは余程訓練した方でないと出せません。
そして純粋な地声を出すと喉にかかる負担は半端ではありませんので、一般的な歌に使えるようなものではないんです。

話は脱線してしまいましたが、先程僕はほとんどの方がミックスボイスを出していると言いました。
ではなぜミックスボイスで歌うことを目標にする方が多いのか、それは地声と裏声の混ぜ方のバランスを自在に操ることが出来ていない為です。

つまり、地声と裏声のバランスを自在に操って歌えるようになる為の方法を探しているんですね。

スポンサーリンク

ミックスボイスを出すための練習方法

さて、それでは自在に操れるミックスボイスを出すための練習方法についてお話ししたいと思います。

地声と裏声の分離

このステップを疎かにするといつまでたってもミックスボイスをものにすることは出来ません。
地声と裏声の分離とは、地声と裏声を完全に別物として扱えるようになることです。

よく「歌っていて声が裏返るから嫌だ」という方がミックスボイスを身につけようとします。
それ自体は完全に正しい考え方なのですが、ここで一旦完全に地声と裏声を分離して出し分けられるようにするステップを飛ばしてはいけません。

その理由は、この先のステップで地声と裏声を融合する際に、変に地声と裏声が混合したままでいると綺麗に混ぜていくことが出来なくなってしまうんです。

詳しくは下記の記事で詳しく話していますので、よろしければそちらをご覧ください。

裏声の強化

この次の最終ステップで地声と裏声の融合をするのですが、その融合の際には地声と裏声のバランスがある程度同じレベルにしておく必要があります。
分かる人には分かる例えで言うと、ドラゴンボールで魔人ブウを倒す為に孫悟天とトランクスがヒュージョンするトレーニングで二人の気の大きさを同じにしないと上手くいかないという話がありますが、そんな感じだと考えて下さい。(ドラゴンボールネタが分からない方はスルーしてください。)

多くの男性の声は地声の成分が強い傾向にあります。
つまり多くの方は裏声を強化しておかないと上手く融合が出来ない状態な訳です。

そこで便利な裏声を強化する練習法として吸気発声というものがあります。
この吸気発声というものは文字通り空気を吸いながら発声をするものなのですが、人間の喉の構造上、吸気発声をすると裏声を効率よく使うことが出来るんです。

詳しくは下記の記事で詳しく話していますので、よろしければそちらをご覧ください。

地声と裏声の融合

さあ待ってました最終ステップです。
裏声を強化したことで地声との強さのバランスをとれるようになっていると、自然と混ぜていくことができます。

ただし、やり方やコツが分からないと普段の声の感覚に引っ張られがちなので、こうやると混ぜていきやすいという練習方法を下記の記事で詳しく話していますので、よろしければそちらをご覧ください。

スポンサーリンク

ミックスボイスの自在性を上げる練習法(アンザッツ)

地声と裏声をある程度混ぜられるようになっても、まだまだ自由自在という感覚ではありませんよね。
そこでもっと自由自在にバランスを変えられるようにするトレーニングとして、色んな種類の性質の声を出してみる練習法があります。

アンザッツと呼ばれる声で、人間が出せるあらゆる方面の声です。
イメージとしては、色んな声を出している内に声の自在性が広がっていくというものです。

詳しくは下記の記事で詳しく話していますので、よろしければそちらをご覧ください。

スポンサーリンク

一言アドバイス

ミックスボイスで歌うようになると、必要以上に地声で張り上げたりすることが無くなるので歌っていて疲れなくなります。
一曲歌って疲れ切ってしまうようなタイプの方は、是非頑張って正しい順を追ってミックスボイスを身につけて欲しいと思います。

僕自身、元々は全力で歌って毎回疲れ切っていたタイプだったので、こんなに楽に歌ってていいのかと思えるくらい余裕が出ました。

もっと自由に歌いたいという方は是非練習してみて下さい!

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました