【夏冬に効果絶大】扉の隙間風対策【100均便利商品】

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

昨日実家に帰った際に扉からの隙間風対策をして、結構な効果が得られたのでその話をしたいと思います。

スポンサーリンク

100均ダイソーのすきまテープ起毛タイプを使用

試しに近所の100均ダイソーに行ってみると隙間対策用のグッズとして、厚みのあるスポンジに両面テープが付いている商品が売っていました。
この商品、確かに隙間を埋めるのに便利なのですが、今回取り付けたい場所は扉側なので枠に接触してしまうと摩擦が大きくなってしまい、開け閉めが難しくなってしまいます。

そこで、一緒に売られているすきまテープ起毛タイプを採用することにしました。
この商品は起毛タイプということで、テープから結構な密度の毛が立っているものになります。

これなら扉の開け閉めをする際に、毛の先端が軽く枠に接触していても大きな摩擦は発生しない為開け閉めにも問題ありません。

スポンサーリンク

設置してみた感想

始めは扉を開けた状態にして扉の外側に張っていっていたのですが、下面が地面との隙間しかなく張りづらかった為、扉を外して作業することにしました。
圧倒的にその方が作業しやすいので、扉を外せる場合は外して作業することをオススメします(笑)

実家は隙間風が半端ない状態だったので、扉の外側に2列並べて張りました。
完了していざ扉を閉めてみようとすると、閉まらない。。

隙間が広い部分はちょうどいい感じなんですが、狭い部分だと枠との隙間に対して起毛が長すぎて開閉の邪魔になってしまっていました。
そこでカッターで毛の表面をなぞって少しずつ毛をすいていきました。

物凄い毛量なので掃除機と併用して、出来ればカッター係と掃除機係で2人作業が良いと思います。
また、このカッターですくという方法は正直ベストとは思いません(笑)
僕の場合はたまに刃が入り過ぎてしまって、虎刈りみたいになってしまう部分がありました。。

長さを指定して刈ることができるバリカンなどをお持ちの方はそっちの方が安全だと思いますね。
試行錯誤の末に何とか扉の開け閉めが出来る状態になりました。

そして隙間風を確認してみると、本当にほとんど無くなっていることが確認できました!
これは予想以上に良い効果が得られて大満足です。

ちなみに、毛の量や長さを調整する際は、多少開け閉めの際に重さを感じるくらいの状態の方が密閉性があっていいと思います。
今回の対策にかかったお金は400円+税金だけですが、今後の光熱費を考えると非常に良い効果が期待できると思いますので、隙間が気になっている方は是非試してみることをオススメします。

ではでは!

雑記
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました