【音を元気に変身!】エンハンサー・エキサイター(Enhancer・Exciter)

スポンサーリンク
MIX
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

実はイコライザー(EQ)などで音を手前に出したりという方法の他に、ちょっと裏ワザ的にボーカルを引き立てるエフェクトがあります。

そんな便利なものがあるなら早く教えてくれって感じですよね(笑)
はい、今すぐお教えします!

それは、エンハンサー (Enhancer) またはエキサイター(Exciter)と呼ばれるエフェクトです。

スポンサーリンク

エンハンサー・エキサイター(Enhancer・Exciter)とは?

このエンハンサー・エキサイターは、元の音に倍音成分を追加するエフェクトとなっています。

元々、声というものは狙って出したメインの音階の他に、実は色んな別の音階の音が混ざって和音となって出ています。
その和音の中でも倍音というメインの音階から決まった鍵盤の数だけ離れた高さの音があると、その声はより聴いていて心地よい声になると言われています。

余談ですが、松任谷由美さんの声はこの和音が上手いこと倍音構成となっていて、それが奇跡的なバランスのため人を魅了しているらしいです。

そんな便利な倍音をエフェクトで追加することで、音を元気・煌びやかに変身させることができるのです。

スポンサーリンク

僕が使っているエンハンサー・エキサイター(Enhancer・Exciter) VSTプラグイン

まず、僕が使っているVSTプラグインの画面をご覧ください。

こちらはLa Petite ExciteというVSTプラグインで、無料で利用することができ機能も非常に充実していますので非常にオススメです。

操作方法

このLa Petite Exciteは操作が本当に簡単です。

  1. “Low”のつまみを右にまわすと低音域が強調される
  2. “High”のつまみを右にまわすと高音域が強調される

主にこれだけですので、音を流しながら調整してみて下さい。

詳しいパラメータについて

でもそれだけじゃ物足りない方の為に、詳しいパラメータについて書いておきます。

・Input

入力音量を調整する

・Low

低音域をどれだけ強調するか調整する

・High

高音域をどれだけ強調するか調整する

・CV

入力音に合わせてHighの値をどれくらい絞るか調整する。

・Noise Floor

ノイズを入れる

・Output

出力音量を調整する

スポンサーリンク

一言アドバイス

あまりに簡単に設定できて、もの凄い効果なため、中毒性が強いエフェクトとなっています(笑)
もう少し音に元気さが欲しい時に、補助的に使うという感覚で使っていくことをオススメします。

やっぱりその人の声の和音が一番の特徴だと思いますので!

ではでは!

MIX
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました