【声帯閉鎖のバランスを掴もう!】高音域で声がかすれる場合の対処法

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

高音を出していると不意に声がかすれてしまうことがあります。
その原因と対策についてお話します。

スポンサーリンク

高音がかすれてしまう原因

高音を出していて声がかすれる場合、考えられる原因として2つ挙げたいと思います。

1.声帯を閉鎖し過ぎている
2.声帯の閉鎖が緩すぎる

1の声帯が閉鎖し過ぎているの方が圧倒的に多いケースだと思いますが、地声の筋肉が強く働くことで閉鎖が強くなり、必要以上の閉鎖によって最適な声帯の筋肉のバランス状態の声に比べてかすれてしまうというものです。

声帯はは高音にいくに従って、それに必要なだけ声帯を閉鎖していく必要があります。
それは正しいのですが、その声帯閉鎖が必要以上に強くなってしまうと、声がかすれてしまうのです。

2の声帯の閉鎖が緩すぎる場合ですが、こちらはかすれるというよりは声が裏返るイメージでしょうか。
余程脱力した歌い方の方でない限り、1の閉鎖し過ぎの方に傾きやすいかと思います。

スポンサーリンク

高音がかすれないようにする対策

まず1の場合は、歌の中で補正していくこともできますが、一旦歌と発声を切り離して考えるとやりやすいかと思います。
声がかすれたりする音域をあらかじめ検討をつけておき、その音域の声を出してみます。

なるべく声にノイズが入らないように綺麗に発声してください。
そうすると、自身にとって最適なバランスの声帯の筋肉の使い方を取り戻すことができます。

これが歌の場面の中だと、どうしても「いよいよ高音だ」という焦りから必要以上の力みを生んでしまい崩れた結果、声がかすれてしまっているんです。

あとは繰り返すことです。
歌っては「また力んでしまった。。」→「どんなバランスが自分に合っていたんだっけ?」→「そうそうこのバランスだった」を繰り返していく内に徐々に正しいバランスで歌えるようになってきます。

次に2の場合は、もう少し緊張感を持つだけで治せます(笑)
声をもう少ししっかり出そう、裏返ったりかすれたりしないように気を付けようという気構えだけで克服できると思いますよ。

スポンサーリンク

一言アドバイス

よくプロのアーティストのライブに行った人から「口からCD音源だった」なんて感想を聞いたりしますが、やはりプロのアーティストは自分にベストな声帯の筋肉のバランスを熟知していて、それをライブでも再現できるというところが素晴らしいと思います。

これは自分のベストなバランスを知っていることと、どんな場面でもそのベストなバランスを焦らず引き出せるだけの練習・実践の経験の賜物ですよね。
その下積みは僕たち個人でも十分にできることですので、自分を正しく理解することから始めましょう!

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました