【メッサ・ディ・ヴォーチェで学ぶ!】裏声を地声っぽくする方法

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

高音を裏声で出す際に、フワッとした優しい裏声だけでなく地声に聞こえるような裏声を出せたら便利ですよね。
その地声っぽい裏声、ちゃんと出来るんです。

ということで、裏声の地声化についてお話します。

スポンサーリンク

裏声の聞こえ方の違い

まず同じ裏声でフワッとした印象だったり、芯のある地声っぽい印象という違いが生まれる理由をご説明します。

大きな違いは、地声を出す時に使う筋肉がどのような状態にあるかです。

裏声を出しているのに地声の筋肉は関係なさそうですよね。
でも実は人は歌う際に裏声を出しても、それは完全に純粋な裏声ではなく少なからず地声の筋肉による影響を受けているものなんです。

その地声の筋肉の働きが弱いとフワッとした印象になり、強いと芯のある地声っぽい印象になるという関係です。

スポンサーリンク

裏声を地声っぽくする練習方法「メッサ・ディ・ヴォーチェ」

それでは早速裏声を地声っぽくする為に、裏声発生時に地声の筋肉を働かせられるようにしていきましょう!

ここでは【ミックスボイス】低音から高音につながらない時の対策【喚声点】でご紹介した「メッサ・ディ・ヴォーチェ」という練習方法を使います。
下記の流れに沿ってやってみてください。

①母音の「ウ」で出しやすい高さの裏声を出来るだけ小さな声で出します。

②そこから少しずつ声の大きさを大きくしていきます。

③そして地声に切り替えていきます。

この時なるべく喚声点が起こらないように綺麗につなげようと意識して下さい。

④地声から裏声に戻しながら声量を下げていきます。

⑤ ①くらい声量を絞って1セット終わりです。

⑥次は①~⑤を少し上・少し下の高さで行い、どんどん音階を進めていってください。

この練習方法は地声の低音から裏声の高音へつなげる際に発生す喚声点(声の裏返り)を無くして滑らかにつなげる練習として以前紹介しました。
換声点を無くすというプロセスには必ず地声と裏声が混ざった状態を作る必要があり、そこを鍛える練習が「メッサ・ディ・ヴォーチェ」です。

つまり、裏声に地声の成分を加えた声をこの「メッサ・ディ・ヴォーチェ」で身につけることができるんです。

スポンサーリンク

一言アドバイス

ただし、この「メッサ・ディ・ヴォーチェ」は初めてやる方はかなり難易度が高くて、一発でできるという方は少ないと思います。
僕も未だに上手くいかない音階が結構あります。

でも練習していくと確かに少しずつ裏声に地声を混ぜることが出来るようになってきます!
気が付くと裏声でしっかりとした地声に聞こえるような声が出せるようになっていきますので、根気よくトライしてみてください。

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました