【脱力が必要だった!】高音域で滑舌が悪くなる場合の対処法

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

低音域に比べて高音域では滑舌が悪くなる傾向にあったりしませんか?
僕は元々低音では特に滑舌に問題は無いのに、高音にいくと舌足らずになっていました。

どうやって克服してきたのかをお話しします。

スポンサーリンク

高音で滑舌が悪くなる原因

高音で滑舌が悪くなっている場合、総じて言える原因として首から顎にかけて力が入り過ぎているというものが挙げられます。

声帯の筋肉に力が入るのに伴い、顎を固めてその一帯に力を込めてしまう癖があると、舌の筋肉にも力が入って滑舌が悪くなるという負のサイクルに突入してしまっている訳です。

スポンサーリンク

高音の滑舌を良くする対策

これは根本となる首から顎にかけて力が入り過ぎていることを改善しない限り舌の動きが不自由になまま滑舌が悪い状態を脱出できません。
そこで声帯周り以外の部分に力が入っている状態を解消する必要があります。

その練習法は【苦しい】高音を楽に出す正しい声帯の筋肉の使い方【ポイント】にて詳しく説明しておりますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

一言アドバイス

最近の曲は高音でも早口が要求されるものが増えてきました。
それに伴い、伸び伸びとした高音だけでなく、小回りの利く高音が必要となる場合が多くなっています。

でも本質として、どんな音域の発声であっても不必要な部分に力を入れることにメリットは無いので、今から正していって損はないと思います。

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました