【不安定を解消!】高音域での安定感を出す方法

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

高音域を安定して出すのって難しいですよね。
永遠の課題だと思います(笑)

僕なりの乗り越える方法についてお話します。

スポンサーリンク

高音が不安定になる原因

実際に歌っていて不安定になる場面というのは、やはり高音域の中でも自分が出せる音域ギリギリのところに差し掛かった時が多いのではないでしょうか?
自分が出せるギリギリの音域を出そうとしているので当然と言えば当然ですよね。

声帯を出来る限り張って声を出している状態なので、その声帯の筋肉が少し緩むだけで音が外れてしまう訳です。

スポンサーリンク

高音を安定して出すために

出せる音域を広げる

じゃあ安定して出せるようになるには、その音域を自分にとっての限界ギリギリのラインから引き下げてやるしかありません。

もっと高い声が出るんだから、この音域は余裕なんだという状態になる必要があるわけです。
その為にはとにかく音域を広げるトレーニングしかありません。

出せるようになった音域に慣れる

よし、音域が広がったぜ!となっていざ歌ってみると変わらず不安定ということがよく起こります。

これはまだ自分が出せるようになった音域を頭が理解できていないことが原因です。
今度はとにかく歌いまくります、それしかありません(笑)

だんだん頭が理解してくると、このキー頑張らなくても平気だという状態になります。

スポンサーリンク

一言アドバイス

今回のお話は体育会系な熱血論っぽくなってしまいましたが、これが割と心理だと思っています(笑)
情熱で乗り越えていきましょう!

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました