【ロングトーンが安定】腹式呼吸で歌う方法【胸式呼吸と使い分けよう】

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

歌が上手い人は腹式呼吸で歌ってるんだという話を聞くことがありませんか?
その腹式呼吸の正体とはどんなもので、どうやれば出来るのかをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

腹式呼吸とは?

人間の呼吸の仕方には2つの種類があって、胸式呼吸腹式呼吸に分かれます。

一つ目の胸式呼吸は、その名の通り胸で行う呼吸なのでセットで肩が一緒に動くのが特徴です。
マラソンをしてゼーゼー息が切れている時って、肩も一緒に動いて息をしていますよね?
あれが胸式呼吸です。

これに対し、腹式呼吸は息をしても肩が上下することはありません。
息を吸うとお腹が出て肺の中に空気が入るスペースが出来ます。

スポンサーリンク

腹式呼吸のメリット

腹式呼吸にはどんなメリットがあるのかというと、胸式呼吸と比べて息の量のコントロールが安定しているという点があります。

胸式呼吸は上半身の中でも上の方を使って呼吸するのに対し、腹式呼吸では筋肉が充実しているお腹周りを使ってする呼吸なので、息を安定した量で吐くことに向いている呼吸法と言えます。

スポンサーリンク

歌に使うのは腹式呼吸だけ?

よくある勘違いなのですが、歌が上手い人は腹式呼吸だけで歌っていると思われていたりします。
実は、そんなことはなくて歌う場面によって胸式呼吸と腹式呼吸の両方を上手く使い分けています。

ちょっと考えれば分かる事なのですが、ロングトーンなんかは腹式呼吸で安定的に息を吐き出すことで声も安定するので正しいチョイスですよね。

でも逆に早口でテクニカルなメロディーを歌う時には、音程の上下によって必要な息の量も小刻みに変わってきます。
それを腹式呼吸で調整することはかなり無理があると言っていいでしょう。

やはりそういった場面では、小手先の調整小回りが利く胸式呼吸で歌う必要があります。

スポンサーリンク

腹式呼吸のやり方

大前提として、腹式呼吸をやったことがないという人はまず居ないはずです。
というのも人間は、寝ている時は腹式呼吸だからです。
寝ている時に肩も一緒に動かしてゼーゼーしている人は少なくとも僕は見たことがありません(笑)

じゃあ起きている状態で腹式呼吸をするにはどうしたらいいのかをご説明します。

  1. 鏡の前に立って、自分の肩を見る。
  2. 肩が上がらないように見張りながら息を吸い込んでいく。
    ※この時、肩が上がらない分お腹が膨らんで前に出るようにします。
  3. お腹に空気が入限り吸ったら息を吐く。

これだけです。
簡単に言えば肩を上げずに息を吸って、その分お腹を膨らませて空気をためるということですね。

スポンサーリンク

一言アドバイス

繰り返しになりますが、ロングトーンなどでは腹式呼吸が非常に有効です。
ついついこれからロングトーンだぞと構えると、胸一杯に息を吸い込んで準備しようとしてしまいますが、そこは落ち着いてお腹に空気を溜めるイメージを持ちましょう。

慣れて使うようになると、無意識で使い分けるようになると思いますので、とりあえず腹式呼吸のやり方だけでも覚えて試していってみて下さい。

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました