【定位置はどこ?】高音ボイスを出す際の舌の位置

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

高音を出す際は舌をどこに置いておけばいいのか分からなくなるという方がいます。
その人の個性もありますが、発声しやすくなるという観点で理想となる形をお話しします。

スポンサーリンク

舌の位置を気にするメリットは?

そこまで気にしだすと、寝る時閉じた目の目線をどっちに向ければいいのかが気になりだして眠れないモードに突入するみたいなことになりそうでしょうか(笑)
でも舌の位置を気にすることは一度理解すれば癖が出来てそれ以降そこまで意識しなくてもできることなので、気軽に考えて大丈夫です。

舌の位置を気にするメリットとしては、発声がスムーズになるという点が挙げられます。

舌の位置を正しくすると、空気の通りが良くなり発声がしやすくなるんです。
ただそれだけですが、それが結構大きな要因で舌の位置が悪いから歌いづらかったという方には結構劇的に発声が向上する場合も多いです。

スポンサーリンク

高音を出す際の正しい舌の位置

一番イメージしやすいと思うのが、あくびをした時の舌の位置・形が適したものです。

細かく説明します。
舌の根本(舌根)が下に下がって喉の奥の空間が広がっていること
・舌先は下の歯より少し手前にあること

この舌の位置・形が高音発声時に息の通りもよく、舌先の位置もバランスのいい状態なのです。

癖で舌を出し過ぎていた方だとか、舌の根本が上がって息の通り道を塞いでしまっていた方はこれを意識するだけで発声がグッと楽になります。

スポンサーリンク

一言アドバイス

舌の位置に関しては難しく考えず、こんな感じでいいかと理解したらそこから深く意識しないでもその位置が定位置になりますので、気楽に考えてください。
ここで合ってるかなとか考えだしてしまうと、ドツボにはまってしまうので声が出しやすい正しい位置を一度覚えたら意識の外の外してしまいましょう。

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました