【理想の高音は目前】高音発声すると変な声になる?【ひと押し】

スポンサーリンク
発声
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

高音を出そうとすると変な声が出るから発声方法が間違っているんだと思って諦めてしまう方がいます。
でもそれ、勿体ないことなんです。

ちゃんと出したい音階を出せているのであれば、あとひと押しでその高音は化けるんです。
ということで、高音が変な声なことを悩んでいる方に向けてお話しします。

スポンサーリンク

変な声ってどんな声?

その変な声ってどんな声でしょうか?
志村けんみたいな声でしょうか?目玉のおやじみたいな声でしょうか?

変な声と言っても色々ありますね(笑)
それでも音域的にはその狙った高音域に到達できているのであれば、どんな声でも良い兆候だとお考え下さい。

その音域が口から鳴るということは、少なくとも声帯を必要なだけ振動させることに成功している訳ですからね!

スポンサーリンク

変な声を納得いく声に変えていく方法

その変な声を自分が出したいと思う声に変えていく方法として、まず最初に考えたいのはその声をどれくらい出したことがあるのかということです。

自分でその声を発声してみて「うわ、何だこの声」と拒絶してしまう方が多いです。
そのため、そこから発声が変化していく時間を作れていないだけで、宝の持ち腐れをしていしまっているのです。

思い切ってその声でガンガン歌ってみてください!
人に聞かれるのが恥ずかしかったらヒトカラに行きましょう!
ヒトカラで声質を気にせず変な声だろうが関係なくガンガン歌うのも結構楽しいですよ(笑)

そうして歌っているうちに、その変な声が声のエッジが強すぎるタイプだったらエッジが取れてきて聴きやすい声に変ってきますし、ヘロヘロな力無いタイプだったらしっかりした芯のある声に変ってくると思います。

いずれにせよ今まで出したことの無かった声を初めて出した段階で、それが理想の形だったなんてことはほぼ無いということです。
赤ちゃんが初めて出した声がメッチャダンディーだったら怖いですもんね(笑)

スポンサーリンク

一言アドバイス

僕なんかも高音を開拓していく最中は変な声を出しまくりでした(笑)
ヘッドボイスとか最初は本当にふざけて出していた声を歌に使えばボカロ曲でも歌えるようになりそうやん!と思ったところからスタートしました。

変な声は出せて損はありません。
寧ろ僕は変な声のレパートリーがもっと欲しいです。

変な声がより多く出せれば、それだけ出したい声をイメージしたときにその元となる材料が多いということですからね。

ではでは!

発声
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました