【異常な動き】最近の下げ相場について【無視できない】

スポンサーリンク
手法
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

最近の下げは尋常じゃありませんね。
僕も結局月末まで連敗してしまう結果となりました。

ここから学ばないと投資家の名が廃ります(笑)
ということで現状考えている今後の対策についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

僕の手法の弱点

ちょくちょく取引記録の感想で話していますが、僕の手法はトレンドが形成された場面に弱いです。
僕自身は順張りをメインに考えているのですが、短期的に見ると逆張り的な手法となっています。

詳しい手法についてはお話しすることはしませんが、そんな感じです(笑)

スポンサーリンク

現在の相場

下げ幅の金額で言うとリーマンショックにも匹敵しています。
というのも当時と今では日経平均値が大きく上がってきているので、下げ幅の率で比較するとリーマンショックには遠く及びません(笑)

それにしても最近の中ではとても大きな部類に入ります。

スポンサーリンク

今後の対策

さて、ここをどう料理してやるかですが、こういった大きな動きは投資家にとってチャンスとも言えます。
だって相場が大きく動いているということは、正しく立ち回れば大きな利益を得られる訳ですから。

今ちょっと考えているのは、普段の手法判断の上にこれほどの大きな動きが合った場合に順張りをメインとした手法判断を設置するという方法です。

普段の値動きが続いている間は今の手法で取引します。
一応利益を出し続けられている現在の手法にはそれなりの信頼感があるので、余程の状況でない限り今の手法をメインで使っていきたいです。

ただ、今回のような特殊な大きさの値動きを感知した場合に限り、順張りメインの取引に切り替えるんです。
当たり前なことを言っていますが、実際にこの相場を経験しないと思考を停止して今までの手法を信じて使っていたと思います。

実際にそうでしたし(笑)
柔軟に対応することが必要な局面に来たからこそ、本腰を上げて考えられるようになった訳です。

とはいえその判断が難しいです。
順張りにすることは簡単ですが、どういった状態になったら強力なトレンドが形成されたと判断するのかがとても難しいです。

あまり鋭敏に反応していては現在の利益率は出せなくなってしまうことでしょう。
なのでそこはシステムトレード、過去の値動きから学ばせていただくことができます。

僕がTwitterで手法検討と言っているのは、この過去の値動きデータに当てはめて思いついた手法を試してみてその利益率をチェックすることのことです。
ということで、月曜日の相場に向けて手法検討に勤しもうと思います!

ではでは!

手法
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました