【永遠の課題】モチベーションの維持の仕方について

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク

はい!Sahitoです。

僕は歌うことが大好きで、色んな人に聴いてもらうことも大好きです。
でもどんなに大好きなことでも、モチベーションを維持できなくなる時期が訪れてしまいます。

これは僕にとっての課題なのですが、モチベーションの維持について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

どんな時にモチベーションが保てなくなる?

僕の場合は、それに熱中している間はまずモチベーションが切れることはありません。
その熱中状態が覚めざるを得ない状態になると止まってしまいます。

それは誰でも当たり前かもしれませんね(笑)

大体の場合、熱中状態が覚めざるを得ない状態というのは、それ以外に大きな課題を抱えてしまった状態です。
学生だったら試験が近いとか、社会人だったら大きな仕事を任されてしまった等です。

スポンサーリンク

一度切れたモチベーションはなかなか復活しない

こうして切れてしまったモチベーションが復活するまでには時間を要することが多いです。
年単位で時間を置かないといけないこともザラです。

モチベーションは「これをやりたい」という気持ちが生まれないと出てこないものなので、自ら生み出そうとしても上手くいかないことが多いと思います。
無理やり「これにやる気を出そう」と考えたところで、それは自分に言い聞かせているだけにすぎません。

何かに結び付けて「これをしたいから、これを頑張ろう」と考えることもできますが、僕の場合はそれもちょっと難しい傾向にあります。

スポンサーリンク

モチベーションは切らしてはいけない

一度でもモチベーションを切らしてしまうとなかなか復活できないのであれば、やっぱり続けるしかありません。
モチベーションが限りなく無い状態になってしまったとしても、とりあえず続けながらまた復活する機会を待てばいいのだと思います。

現在の僕で言えばブログで書きたかったことを書き尽くしてしまった状態で、仕事の面で課題を抱えているという十分モチベーションが切れそうな状態なのですが、とりあえず記事を書き続けていこうと思っています。
そうしている内に、歌をYoutubeに投稿したりして状況が変わってくるかもしれません。

とりあえず続けながら様子を見てみるという姿勢は悪くないと思います。
ついつい一旦リセットしたくなる気持ちもあると思いますが、多少手を抜いたって続けていれば少しずつ前に進んでいけるという事実を信じて取り組んでみましょう。

また、矛盾する内容にもなりますが、三日坊主でもその後ちゃんと再開できればOKなので、三日坊主になってしまった際も頭の片隅でまた再開しようという意思を忘れずに持って再開できるカギは離さずに持っておきましょう。

ではでは!

雑記
スポンサーリンク
Sahitoをフォローする
歌うのさ人は

コメント

タイトルとURLをコピーしました